作業用途

効率を最大限に高めます。品質を向上させます。生産能力を最適化します。パフォーマンスを改善します。コストを削減します。

作業用途
ロボットアームはマシンテンディングに対応しており、反復作業の従業員を軽減することができます

ロボットアームはマシンテンディングに対応しており、反復作業の従業員を軽減することができます

UR ロボットのロボットアームは、文字通りどのような機械加工の操作についても導入することができます

機械加工は、単調な反復作業になりがちです。UR ロボットの導入により、それらの反復作業から従業員を解放することができ、空いた時間を貴社のビジネスに付加価値を与える作業に振り向けられます。

UR ロボットのロボットアームは必要に応じた再プログラムと再設置が可能なため、小規模な生産体制や、ワークフロー、運用セットアップの変更に対応していく上で最適な選択肢となっています。

  • UR ロボットはほぼすべての機械加工作業を実行することができます。
  • 最もよく利用されている用途の一つ
  • 生産性と柔軟性に関するメリットあり
  • プログラムが容易なため、UR ロボットのロボットアームは小規模な生産体制に最適
  • UR ロボットのロボットアームはすべて IP-54 認定取得済ですが、腐食性の液体を扱う環境に設置する場合には、個別に保護措置が必要になります。